最新から有名なものまで!人気の韓国恋愛映画おすすめランキング!

こんにちは!韓国在住の子育て中ママ、ゆんです。

日本の恋愛映画にはない、韓国ならではの魅力がたっぷりある韓国の恋愛映画。私も韓国の恋愛映画から韓国にどっぷりハマってしまいました。

そこで今回は韓国のおすすめ人気恋愛映画をご紹介していきたいと思います。

一度見たらハマってしまう、そんな韓国恋愛映画ばかりなので是非みてみて下さい!

過速スキャンダル

おすすめ韓国恋愛映画ランキング
出典:https://m.post.naver.com

過速スキャンダルは2008年に韓国で公開されたラブコメ映画。韓国では観客動員数が800万人を越える大ヒット映画となりました。

キャストには「猟奇的な彼女」に出演したチャテヒョン、「ああ、私の幽霊さま」などに出演したパクボヨンなどが出演しています。

スターであったヒョンス(チャテヒョン)も今や30代半ば。現在は人気ラジオ番組のDJとして活躍していた。

ある日彼の前に子連れのジョンナム(パクボヨン)が現れ、自分はヒョンスの実の娘だと言い始める。

一緒に住むようになるのだが、本当にジョンナムはヒョンスの子供なのか?笑って泣ける家族愛詰まったストーリーです。

キャスト

チャテヒョン
パクボヨン

マイリトルブライド

おすすめ韓国恋愛映画ランキング
出典:https://movie.naver.com

マイリトルブライドは2004年に韓国で公開されたラブコメ映画。

キャストには「秋の童話」や「シンデレラのお姉さん」に出演したムングニョン、「屋根部屋のネコ」で人気俳優の仲間入りをしたキムレウォンが出演しています。

恋愛をしたことのない女子高生ボウン(ムングニョン)と、大学生のサンミン(キムレウォン)は幼なじみ。

ところがある日危篤状態になってしまったボウンのおじいさんの命令で、2人は結婚することになってしまう。

高校生と大学生の夫婦というありえないけど可愛らしくて面白い新婚夫婦のストーリーを描いた映画です。

キャスト

ムングニョン
キムレウォン

君の結婚式

おすすめ韓国恋愛映画ランキング
出典:https://blog.naver.com

君の結婚式は2018年に韓国で公開されたロマンティックコメディ映画。日本では2019年に公開されました。

キャストには「ああ、私の幽霊さま」などに出演したパクボヨン、「ピノキオ」に出演したモデル出身俳優のキムヨングァンなどが出演しています。

高校3年の夏、転校生であるスンヒ(パクボヨン)に一目ぼれしたウヨン(キムヨングァン)。

しつこいほどのアプローチをして、恋人となれる直前までたどり着いたものの恋は成就せず。

そんなウヨンとスンヒの大学生活、就職活動を経て社会人になるまでの10年間におよぶ青春時代を描いたラブストーリー。

キャスト

パクボヨン
キムヨングァン

猟奇的な彼女

おすすめ韓国恋愛映画ランキング
出典:https://blog.naver.com

猟奇的な彼女は、2001年に韓国で公開された韓国の代表的な恋愛映画。韓国では観客動員数が500万人を越える人気映画となりました。

日本でも公開されたのですが、初めはあまり多くの人には知られていませんでした。しかし口コミからDVDなどで見る人が多くなり、ドラマ化までされました。

兵役が終わって復学したキョヌ(チャテヒョン)は、ある時彼女(チョンジヒョン)に出会う。見た目はとっても美人な彼女だけれど実はとっても「猟奇的」。

彼女と時間を共にしていくうちに、彼女の辛い過去をしることになりキョヌは彼女を優しく受け止め、奮闘していくストーリーです。

キャスト

チョンジヒョン
チャテヒョン

私の愛、私の花嫁

おすすめ韓国恋愛映画ランキング
出典:https://cafe.naver.com

私の愛、私の花嫁は2014年に韓国で公開された恋愛映画。

韓国で1990年にメガヒットとなった映画をリメイクした映画で韓国国内でも話題となり、観客動員数が200万人を越えました。

キャストには「嫉妬の化身」などに出演したチョジョンソクと、「オーマイビーナス」に出演したシンミナなどが出演しています。

4年の交際を経て結婚したヨンミン(チョジョンソク)とミヨン(シンミナ)が、結婚式からほどなくして結婚生活の現実に気付き、結婚の現実と苦悩や本当の幸せを知っていくというラブコメディです。

この映画は笑いあり、涙ありの映画で幸せな気分になりたいときに特におすすめの映画です。

キャスト

チョジョンソク
シンミナ

建築学概論

おすすめ韓国恋愛映画ランキング
出典:https://blog.naver.com

建築学概論は、2012年に韓国で公開された映画。

韓国国内で観客動員数400万人を超え、韓国の恋愛映画として歴代1位となるほど話題になった映画です。

キャストには「ドリームハイ 」に出演したペスジ、「シグナル」に出演したイジェフン、「太陽を抱く月」に出演したハンガイン、「魔王」に出演したオムテウンなど、豪華な俳優陣たちが出演しています。

建築学科に通う大学生ののスンミン(イジェフン)は、「建築学概論」という授業でソヨン(ペスジ)に出会う。

課題を一緒にこなしていくうちに二人の距離は縮まっていくが、スンミンはソヨンに気持ちを伝えることかできないまま二人は疎遠になってしまう。

15年後建築士となったスンミンのもとに突然ソヨンが現れ、次第に二人の距離が縮まっていくラブストーリーとなっています。

キャスト

ペスジ
イジェフン
ハンガイン
オムテウン

ラブストーリー

おすすめ韓国恋愛映画ランキング
出典:https://blog.naver.com

ラブストーリーは2003年に韓国で公開された映画で、監督は韓国の恋愛映画の代表である「猟奇的な彼女」のクァクジェヨンが務めています。

キャストには「愛の不時着」に出演したソンイェジン、「秘密の森」に出演したチョスンウ、「ザキング」に出演したチョインソンなどが出演しています。

大学生のジヘ(ソンイェジン)は大学の先輩であるサンミン(チョインソン)のことが気になっているのだが、友人もサンミンのことが好きでサンミンに送るメールを代筆してほしいと頼まれてしまう。

結局代筆を引き受けたジヘは、友人の名前でサンミンへの感情を伝えることに。

それにより友人とサンミンは結ばれることになるのだが、ジヘは罪の意識でサンミンを遠ざけるが、偶然何度も思いがけなく顔を合わせることに。

ある日偶然一緒に住む母の秘密箱を発見し、母のクラシックなラブストーリーを知ることになる。

キャスト

ソンイェジン
チョスンウ
チョインソン

ビューティーインサイド

おすすめ韓国恋愛映画ランキング
出典:https://blog.naver.com

ビューティーインサイドは、2015年に韓国で公開された映画。日本では2016年に公開されました。

この映画はなんといってもキャストがとっても豪華。

人気女優であるハンヒョジュをはじめ、パクソジュン、イドンウク、ソガンジュン、パクシネなど人気俳優たちが勢揃いです。

また日本からは上野樹里が出演したことでも話題になりました。

ウジンは「性別」「年齢」「人種」に関係なく毎日違う容姿で朝を迎える男性であるがゆえ、一般社会では生活できない。しかしそんなウジンがその秘密をイスに話し、それをきっかけに二人は愛を紡いでいく。

この映画は、主人公ウジンとイスという女性の二人のラブストーリーを描いた物語となっています。

キャスト

ハンヒョジュ
パクソジュン
トジハン
イジヌク
イドンウク
ソガンジュン
パクシネ
上野樹里

私の頭の中の消しゴム

おすすめ韓国恋愛映画ランキング
出典:cine21.com

「私の頭の中の消しゴム」は、2004年に韓国で公開された映画です。日本でもその翌年である2005年に公開され大きな話題を呼びました。

キャストは「ザキング」など出演しているチョンウソンと、最近話題の「愛の不時着」に出演したソンイェジンが務めています。

この映画の原作は2001年に放送された日本のドラマ「pure love 君が僕を忘れても」。

建設会社社長令嬢である女性と建設工事現場で現場監督として働く男性、育った環境は違うけれど乗り越えて結婚することに。

幸せな新婚生活を送っていた矢先、妻が若年性アルツハイマーであることが分かる。

記憶障害が進んでいきながらも夫は妻を支えていくという、涙なしには見ることができない純愛ラブストーリーです。

キャスト

チョンウソン
ソンイェジン

一度見たらハマってしまう韓国恋愛映画!

今回は有名どころから最新作までおすすめの韓国恋愛映画をご紹介してきました!

こちらで紹介した映画は一度見たら韓国映画がもっと見たくなるような魅力的な映画ばかり。

ぜひ一度韓国恋愛映画を見てみてはいかがでしょうか。

\役に立ったらシェアしよう!/
ゆん
大学の時に韓国語を本格的に勉強し始め、卒業後、韓国の航空会社に就職し、日本語と韓国語を使いながら働く。 日本語教師をボランティアでしていた時に出会った韓国人と交際を始め、韓国旅行を20回以上経験。現在は、そのボランティアで出会った現在の夫と結婚し、韓国に移住。韓国では、空港の観光案内所で観光案内員として勤務し、出産を機に退職。現在は、韓国語の勉強をしながら、夫と娘の3人で韓国ライフを満喫中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll to top