出前でもよく見る韓国で人気のタンスユクとは?簡単レシピもご紹介!

こんにちは、韓国留学中のあやです。

韓国グルメの1つジャージャー麺のお供にはタンスユクが欠かせませんよね!え、タンスユクが何かわからない?

今回はそんな方必見!出前メニューでもよく見る韓国で人気のタンスユクの魅力と簡単レシピについて紹介します!

日本と違う?タンスユクとは?

タンスユク
出典:http://post.phinf.naver.net

タンスユクとは?

タンスユクとは簡単にいえば酢豚のことです。漢字では「糖水肉」と書き、カラッと揚げた豚肉に甘酢ソースをつけて食べます。

日本ではソースの中にパイナップルを入れるかどうかなどで論争になることもありますが、韓国では「にんじん」「きゅうり」「たまねぎ」などの野菜を薄切りにして炒めていれるのが一般的です。

タンスユクは日本と違う?

酢豚と言ってもしまえば日本でも食べれるじゃん!と思われるかもしれませんが、日本の酢豚とタンスユクは一味違うと言います。

酢豚と言えば始めからソースと絡めてあるというイメージですが、韓国のタンスユクは豚肉の唐揚げとソースが別々で出てくることがほとんどです。そのためサクサク食感の酢豚が味わえるのです。

日本ではパイナップル論争が起きますが、代わりに韓国ではこんな論争が起きます。

ずばりタンスユクはソースにつけながら食べるか、はじめに全体にかけて食べるかという主張!

つける派はいつまでもサクサクで食べることができる。かける派は味が混ざってより美味しい。それぞれの主張が対立しており、論争はこれからも続きそうです(笑)

タンスユクはジャージャー麺と一緒に!

日本で酢豚と言えば中華料理の1つ。というイメージですが、韓国では基本ジャージャー麺とのセットとというイメージです。

そのためジャージャー麺屋さんに行けばメニューには必ずタンスユクが。サイズも大中小と、様々用意しているお店も多く存在しています。

家でも楽しめる?韓国のタンスユク

タンスユク
出典:https://blog.naver.com

タンスユクは韓国風の中華料理。中国から渡ってきた料理ではありますが、若干アレンジがされていると言われています。日本で言うところのラーメンのようなポジションです。

日本ではなかなか味わえない韓国のタンスユクですが、食べられないなら作ってしまいましょう!美味しいタンスユクのレシピをご紹介します。

タンスユクの作り方【その1】

材料1

  • とんかつ用の豚肉・・・200グラム
豚肉の下味用
  • きざみニンニク・・・大さじ1
  • 醤油・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • コショウ・・・少々
  • みりん・・・大さじ1
  • 片栗粉・・・2分の1カップ
  • 水・・・適量
  • サラダ油(時間に余裕があれば)・・・大さじ2
  • 卵・・・1個

材料2(ソース)

  • 水・・・1カップ
  • 醤油・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ3
  • 水溶き片栗粉・・・大さじ1〜2(水と片栗粉を1対1で混ぜて作ります)
  • 玉ねぎ・・・6分の1個
  • りんご・・・6分の1個
  • にんじん・・・1センチ
  • サラダ油・・・大さじ1

作り方

①豚肉を細切りにします 下味用の調味料と混ぜて、豚肉に下味をつけます。
②片栗粉に水を入れ、どろっとした硬さになるまで混ぜて衣を作ります。

★もし時間があるのであれば片栗粉に水を入れ、下に沈殿したものだけを使い、そこにサラダ油を入れて衣を作るのもおすすめです。

③下味をつけた豚肉を溶き卵につけます。
④作っておいた衣に豚肉をつけます。
⑤熱した油で豚肉を揚げていきます。豚肉がくっつかないように注意しましょう。

★よりサクサクとした食感を味わいたい時には豚肉を2度揚げしましょう。1度揚げだとふわふわ食感になります。

★お好みでにんにくを入れてもOK!

⑥水溶き片栗粉以外の材料を全て入れてよく混ぜます。最後に水溶き片栗粉を入れてとろみをつけましょう。

できたソースは最初から豚肉にかけてもよし!韓国風にそれぞれを別皿に盛ってつけながら食べてもよし!ぜひ好きな食べ方でタンスユクを楽しみましょう。

先ほどのレシピからもわかるように、タンスユクは酢豚と言いながらも酢を使わないものも多く存在しています。

そのためツンとくる酸っぱさもなく、より甘い味が楽しめると言われています。しかし酢を入れても美味しいもの!今度はちょっぴり酢を入れてタンスユクを作ってみましょう。

タンスユクの作り方【その2】

材料1

  • とんかつ用の豚肉・・・200グラム
豚肉の下味用
  • きざみニンニク・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • コショウ・・・少々
  • 小麦粉・・・大さじ3
  • 片栗粉・・・4分の1カップ
  • 水・・・4分の1カップ

材料2(ソース)

  • 醤油・・・大さじ1
  • 酢・・・大さじ3
  • 砂糖・・・大さじ2
  • 料理酒・・・大さじ1
  • 水・・・150ミリリットル
  • 水溶き片栗粉・・・大さじ2(片栗粉と水を1対1で混ぜて作ります)
  • 玉ねぎ・・・2分の1個
  • きゅうり・・・半本
  • にんじん・・・5センチほど
①豚肉は細切り、または食べやすい大きさにカットして下味用の調味料に浸けます。

★30分ほど浸けておくとしっかりと味が染み込みます。

②下味を浸けた豚肉に衣をつけていきます。

★カリッとさせたい時には気持ち片栗粉を多めに、もちもちふわふわに仕上げたい時には小麦粉を多めにすると良いでしょう。

③熱した油で豚肉を揚げていきます。

★2度揚げする際には1度目の時より油の温度を高めに!

④玉ねぎ、きゅうり、にんじんは食べやすい大きさにカットします。
⑤フライパンでまずは野菜だけを炒めます。

★炒める順はにんじん、玉ねぎ、きゅうりがおすすめです。きゅうりはさっと火を通すというイメージでOKです。

⑥水溶き片栗粉以外のソースの材料を入れてさらに炒めます。

★ソースの材料は水溶き片栗粉以外をあらかじめ全て混ぜておくと便利です。

⑦調味料が野菜と絡まったら、最後に水溶き片栗粉を入れて完成です。

酢を少し入れることで日本で食べる酢豚っぽさが増します。さらに小麦粉、片栗粉という粉2種類を使い分けることで食感を変えることも可能!

こちらもお好みで調節して美味しいタンスユクを作ってみましょう。

チェーン店でも美味しい!香港飯店0410PLUS+

タンスユク
出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com

最後に美味しいタンスユクが楽しめるお店をご紹介!

こちら「香港飯店0410PLUS+」は韓国のチェーン店です。東大門や明洞など観光地を中心にお店を展開しています。

手がけたのは韓国で今一番の料理研究家とも言えるペクジョンウォン。

タンスユクはもちろんのこと、ジャージャー麺やちゃんぽんなども味わうことができます。

ちなみにこちらのタンスユクはどちらかと言えばもちもち食感!そこまで酸っぱさもないので酸っぱい酢豚が苦手という方にもぜひ味わっていただきたい一品です。

ちなみにタンスユク単品は結構ボリューミー。ジャジャン麺などと一緒に注文すると多すぎてびっくりするかもしれません(笑)

全部食べきれないかも…という方はお得なセットメニューがおすすめ。ジャージャー麺またはちゃんぽんにミニサイズのタンスユクがついてきます。1万ウォンもしませんし、お一人様でも気軽に楽しむことができます。

おすすめの店舗は明洞と東大門。他のお店では香港飯店0410PLUS+は先払い方式なのですが、明洞は海外の方がよく訪れるという土地柄もあり、後払い方式となっています。

東大門は11時半から朝6時までという長時間営業店。ナイトショッピングを楽しんだ後でも安心して訪れることができます。

明洞店

住所ソウル市 中区 明洞2街 32-1, 2~3F(서울시 중구 명동2가 32-1, 2~3F)
営業時間11:30-21:00
休み年中無休

東大門店

住所ソウル市 中区 乙支路6街 18-96, B1F(서울시 중구 을지로6가 18-96, B1F)
最寄り駅地下鉄2号線「東大門歴史文化公園駅(동대문역사문화공원역)」14番出口 徒歩3分
営業時間11:30-6:30
休み年中無休

食べればハマる?韓国風酢豚・タンスユク!

韓国では定番グルメのタンスユクについてご紹介しました。酢豚であっても日本のものとは少し異なる特徴を持っています。

食べればハマること間違いなし!ぜひタンスユクを日本で作ってみたり、韓国旅行に行った際に味わってみたりして、楽しんでみてはいかがでしょうか?

\役に立ったらシェアしよう!/
あや
現在韓国留学中!韓国語をマスターすべく、学校に通い勉強の毎日です。フレッシュな情報を韓国現地からリサーチして、わかりやすい記事をお届けできるよう頑張ります!好きなものは美味しいご飯とマスクパック。韓国アイドルはINFINITEを深ーく応援しています^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll to top