ジェジュンがコロナ感染?度を超えた嘘が議論に…処罰請願まで登場

世界で新型コロナウイルスの感染が広がっている今、韓国でびっくりするようなニュースが報道されました。

日本でも活動している元東方神起のジェジュンが新型コロナウイルスに関連する問題を起こしました。

今回ジェジュンは一体何を起こしてしまったのか、このことによってどんな自体になったのか詳しくまとめていきたいと思います。

今回のニュースの概要

歌手キムジェジュンが新型コロナウイルスに感染したと告白し、後ほどエープリルフールの冗談だったと明らかにした。

ジェジュンがコロナに感染

出典:facebook.com

キムジェジュンは4月1日に自身のインスタグラム上で「私は新型コロナウイルスに感染した。 政府・周りから注意されたすべてを無視したまま生活した私の不注意だった」という文章を投稿しました。

ジェジュンの話が事実なら、韓国国内芸能人の中で新型コロナウイルスに感染した初の確定事例になることに注目が集まっていました。また多くのジェジュンファンが心配していたそうです。

日本でも残念ながら亡くなってしまった志村けんさんを始めとして、プロ野球選手や宮藤官九郎さんなど、スポーツ界や芸能界でも感染者が増えてきている状況です。

ジェジュンがこのようにインスタで「コロナに感染した」と投稿したら、ほとんどの人が信じてしまうのではないでしょうか。

コロナ感染はエイプリルフール

出典:facebook.com

ジェジュンが4月1日に「コロナウイルスに感染した」という投稿をして多くの人が心配していたかと思いますが、その投稿をしてから少しあとに「自分がコロナウイルスに感染したという投稿はエイプリル・フールの冗談だった」という投稿をしたんです。

ジェジュンがコロナウイルスにかかっていないと分かって安心した人もいるかもしれませんが、この状況でコロナウイルスにかかったという冗談をしたことに驚いた人が多いのではないでしょうか。

ジェジュンはこの投稿で「周りの愛する大切な私の誰かがウイルスに感染した? とても胸が痛むことだ。エープリルフールの冗談で相当度が過ぎたが、短時間で多くの方々が心配してくれた。」ともコメントしていました。

続けてジェジュンは「絶対エイプリルフールのいたずらとは思わない。 自分を守ることが大切な人たちを守ることだという話をしたかった。この投稿によって受けるすべての処罰を甘んじて受ける。みんな元気になってほしい。」ともコメントしました。

ジェジュンの行動に対する処罰請願

出典:http://blogfiles.naver.net

韓国国内はもちろん世界中で死者も多く出ているコロナウイルスに関する冗談をしてしまったジェジュンに対して、韓国の国民たちは激怒。

国民が大統領府にする国民請願まで提出されてしまいました。どのような国民請願が提出されのでしょうか。

【芸能人のキム◯◯さんに関するエープリルフールのいたずらの処罰をお願いします】

先ほど芸能人のキム◯◯が自分がコロナにかかったとして投稿しました。 記事が出て話題になるとこの文を修正して”冗談だ”と言いましたが、公に出ている人がコロナでいたずらをするなんて話になりますか。

ニュースでも過度ないたずらは処罰対象だと言っていました。

キム◯◯を処罰して二度とこんないたずらをしないようにしてください。

このような国民請願が提出されました。

4月2日時点で、1万2000人ほどの同意が得られていました。

ジェジュンが謝罪

出典:instagram.com

ジェジュンがしてしまった冗談によって多くの人から批判されてしまいました。現在ジェジュンの所属事務所によると、ジェジュンは日本で活動中であるとのこと。

ジェジュンはこのことによって4月1日の午後、生放送出演予定だったNHK第1ラジオへの出演もキャンセルとなってしまったのだそうです。

ジェジュンは改めて以下のような謝罪をSNS上でしました。

してはいけない行動と私自身も認識しています。

まず私がSNSに書いた文章によって新型コロナウイルスによる被害を受けた方、行政業務に支障をきたされた方々に心から申し訳ないとお詫びいたします。
正しくないという判断。分かっています。

現在ゆるんでいるウイルスからの対処方式と危険性の認識。 新型コロナウイルスによって被害を受ける方々を最小化するため、警戒心を持ってほしいという気持ちでメッセージを伝えたかったんです。

春が訪れて暖かくなった季節の屋外での余暇生活、始業が見送られて余裕ができた時間を活用した密閉された空間での接触などで、第2の第3のコロナパニックを生みかねないという気がしてとても怖いです。

私の父も先日、肺がんの手術を受けてからずっと病院に通っていました。 そして病院の医療陣と患者たちを見て何か腹が立ち、ウイルスが他人事ではなく自分のことだったらという気がしました。

それでいざ新型コロナウイルスに打ち勝とうと努力する方達とは反対に、普段と変わらない服装とマスクを着用しないまま余暇生活を楽しんでいる方達が多いという話に警戒心が必要だと思いました。

様々な情報メディアやインターネットでも大きく小さく注意を呼びかけている中で、その話を聞いてくれない人々にどうしても現時点の危険性を伝えたかったのです。 “どうか。耳をすませてください。 どうか。コロナにかからないで、コロナの辛さを経験しないでください。”と。

私の周りからも感染者が出てきています。 遠くの話ではないと確信し、恐怖は倍に感じられました。人を失ってから反省する態度は何の役にも立ちません。 もどかしくてつらいけど今よりもっと…もうちょっと努力してこの大変な時期を一緒に乗り切りたいです。

今日の投稿…度が過ぎるが、 度が過ぎるほどの関心を持ってくださったらこの話を聞き入れるんじゃないかと言う方法が多くの方々に傷つけて非難を受けています。

私の投稿によりコロナウイルスのために尽力している政府機関と医療陣、そして指針に従って生活をあきらめ、克服のために尽力している多くの方々に心よりお詫び申し上げます。

まとめ

今回は韓国でも多くの人に批判されたジェジュンのコロナウイルスによる冗談についてのニュースをお伝えしてきました。

新型コロナウイルスで苦しむ人が多い中、ジェジュンがしてしまった冗談というのはさまざまな人を傷つけてしまうことだと思います。

でもジェジュンが反省文の中で語った、警戒心をしっかりと持ち、少し今は我慢して感染予防に努めなければならないというのはその通りですよね。

\役に立ったらシェアしよう!/
ゆん
大学の時に韓国語を本格的に勉強し始め、卒業後、韓国の航空会社に就職し、日本語と韓国語を使いながら働く。 日本語教師をボランティアでしていた時に出会った韓国人と交際を始め、韓国旅行を20回以上経験。現在は、そのボランティアで出会った現在の夫と結婚し、韓国に移住。韓国では、空港の観光案内所で観光案内員として勤務し、出産を機に退職。現在は、韓国語の勉強をしながら、夫と娘の3人で韓国ライフを満喫中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll to top